ブログトップ

ミラーリング

投稿日時:2014-04-01 14:27

心理学用語に「ミラーリング」というものがあります。「ミラーリング」は、心理学が専門でない人でも簡単に取り入れることができて、その効果をすぐに実感できるコミュニケーションテクニックです。

「ミラーリング」はその名の通り、相手の鏡になることです。たとえば好きな人とお茶を飲むというシチュエーションがあったとします。

相手が水の入ったグラスに手をかけたら、自分もさりげなく自分のグラスに手をかけたり。自分と同じ動作やしぐさをする相手をみると、人は親近感を抱くものだそうで、これは日常のコミュニケーションに有効なだけでなく、営業マンや販売のお仕事をする人には必須のテクニックなのです。

お客さんをじっと見て、笑うタイミングなどを合わせたり、動作を真似することで、「この人、好感が持てるなあ」から「この人から商品を買いたい!」という心理にまで持っていくことができると言われています。仕事でよい成績を上げている人、人間関係が円滑な人は、この「ミラーリング」をさりげなく、上手に取り入れているに違いありません。

単純接触効果

投稿日時:2014-03-25 13:23

「単純接触効果」は、アメリカのロバート・ザイアンスが提唱した心理学用語で、対象とする人や物に接触する機会が多いほど、その対象に好意を持つという心理的法則です。身近な例では、朝、通学のときに見かける人を好きになり、相手にも自分に関心を持ってもらいたい、振り向いて欲しい!などというときに使えるテクニックでもあります。

好きな人の乗る電車にあなたも毎朝乗り、相手の目に入る位置に陣取るとか、まずは相手が「あれ?よく会うな」と思うように繰り返す。この「繰り返す」ことが大切です。

そして何度も相手があなたを見かけるうちに「あれ?あの人のこと、好きかも?」と思うようになっていきます。「単純」に「接触」の回数が増えると「効果」が増すという心理的な仕組みなのです。

これは恋愛においてだけでなくマーケティングにも使われるテクニックです。長々と商品の説明をされるとうんざりしますが、短い時間でも、何度も顔を出されると親しみがでてきて、断れなくなるということはありませんか。

これがまさに「単純接触効果」なのです。

ハロー効果とは

投稿日時:2014-03-18 15:22

心理学でハロー効果という言葉を良く耳にします。このハロー効果とは心理学では別名後光効果と言われるものです。

字が綺麗であったり、出身大学が難関校であったり、血筋や家柄が良かったりするとそれだけでその人が人格共に優れているイメージを受けるのです。しかしこうした肩書や家柄と人格とは全く別物なのです。

しかしこうした後光効果の心理を逆手に取れば、自分が家柄が良い、出身大学が良いことを他者にアピールすれば、それだけで人格者や信頼のおける人と思わせることが出来る訳なのです。こうしたハロー効果は日常生活でも至る所で見ることができるのです。

企業が人気が高く品性のあるタレントや女優を用いてCMや広告をおこなうと、その製品まで非常に信頼のおけるものと多くの人にイメージを定着させることができるのです。しかしこうした女優やタレントが不祥事を起こすと一気に企業や製品イメージが落ちてしまい、売り上げに繋がらず大損害をもたらすこともあるのです。

■おすすめサイト
離婚回避事例と成功方法の実例
91.4%以上の実績!心理学に基づいた分析に基づいたサポート
介護求人も資格を活かして働けるものがいい
細かな資格検索でぴったりのお仕事を見つけましょう
顧客満足度No1のリサイクルショップは岡山〔道具屋〕
査定は無料で手数料無し!申し込み方法も複数あります
BACK TO TOP